定例会報告

ホーム ニュース 定例会 技術情報 悠声会会員の皆様の声  悠声会資料 写真館

第115回 悠声会報告書
(平成28年度 第12回)

開催日時 平成29年3月12日(日)13:00〜15:00

開催場所 東京都障碍者福祉会館 2階 教室
       リハビリはE室にて実施 【3名】
       東京都港区芝 5-18-2(三田・田町)

出 席 者  会員 36名  見学者 1名  言語聴覚士 1名  アトスメディカル社員 5名

【谷地理事】
 例会開催します。土田会長の訃報、皆さんいろいろ聞きたいことがあると思いますので、岩P副会長よりお知らせします。

【岩P副会長】
 土田会長は先月12日にお亡くなりになられました。昨秋より入退院を繰り返し肺の抗がん剤治療をしていました、その後もお元気で1月の例会、木村教室にも参加されていましたが先月8日に様態が急に悪くなり入院、11日にお亡くなりになられたそうです。
 13日にご子息から連絡が入り、家族葬で行うとのことでした。
 14日、緊急理事会を開催し鈴木さんを会長に推薦し、葬儀は遠慮することになりましたが、18日に諸々の件で鈴木さんがご子息に電話をしたところ、まだご葬儀が終ってなく、20日通夜、21日ご葬儀ということなので役員だけ参加させていただきました。
 密葬ということだったので、会員の皆様にはご連絡が遅れたことをお詫びいたします。
 次回、例会後「土田会長をしのぶ会」を開催する予定です。
では新会長の鈴木さんより挨拶をお願いします。

【鈴木会長】
 新会長に選任された鈴木でございます。年の順番でしょうか、お前がやれということで引き受けました。土田会長の思いを引き継ぐ所存です。
 土田前会長は平成15年手術をされ、銀鈴会でトレーニンングをされて上級まで行ったそうです。ヨーロッパ研修でシャント発声を見聞きしてこれだと思い、平成18年シャント手術をなされました。
 患者同士が話を出来るようにするのが望ましいと言うことで、平成20年に悠声会を立ち上げられました。平成22年NPOとして活動を始め、孤軍奮闘し、平成27年認定NPOとして認められました。
 認定NPOは、5万件のうち900件しかありません。社会的に認められています。
 土田会長の強い思いを引き継いで、この会を広げるようにしたいと思います。会員の皆様にはいろいろ協力していただきたく、お願い申し上げます。
 見学者の方を紹介します。Nさんです。お父様が下咽頭がんで手術をされました、娘様です。

【Nさん
 父が先月手術をしました。皆さんがどのように声を出されているのか見学に参りました。

【安部支部長・名古屋支部
 心配してまいりました。会長、残念です。

【岩P副会長】
 紹介が遅れましたが、今回から司会は谷地理事にしていただきます。
会の運営を土田会長のカリスマですべてやってこられましたが、これからはグループで行ってていきたいと思っています。
先月9日山梨大学の患者会に木村理事と行ってまいりました。

【木村理事
 今年は忙しくてストレスのせいか、歯が痛くてたまりません。少しのんびりしようと思っています。
 山梨大学の公演では食道発声の方の公演がありましたが、非常にうまく話されていました。しかしシャント発声は楽に声が出せるので、もっと広めようと確信いたしました。
 私は10年前に手術をしたときに癌研で土田会長に初めてお会いしました。二人で陳情に行った時によく飲んだ記憶があります。残念でなりません。

【若月理事】
 会長のご冥福をお祈りいたします。この会が我々患者のために発展するよう皆さんと協力して運営していきましょう。

【片岡監事】
 私は三田病院で悠声会を紹介され、始めて参加したときは不安で声もあまり出ませんでしたが、土田会長が笑顔でいい声が出ているよと、優しく行ってくれたのをよく覚えています。お陰で健常者の方と話をするときも、ほとんど差しさわりがないようになりました。患者は患者しかわからない事がありますので、悠声会でいろいろ話し合いながら、一歩ずつ進歩することが大切と思います。もっと世間にシャント発声(悠声会)を広めて、患者が少しでも希望が出るような組織になればいいなと思っています。

【谷地理事】
 これから司会をうまく出来るかどうかわかりませんが、亡き会長の意思を引き継いで運営をしていきたいと思います。

【Mさん・言語聴覚士】
 会長はお元気そうだったのに、早くお会いすればよかったと後悔しています。2年前に初めてお会いした印象がよく残っています。

【Mさん】
 今月、CT,血液検査をし、異常なしでした。プロヴォックスを交換して6カ月になりますが、以前と違い、漏れがほとんどありません。後しばらく持たそうと思っています。
 土田会長残念です。お悔やみ申し上げます。

【Fさん】
 会長には3年前、癌研患者会で初めてお会いしました。早く話せるようになるので、プロヴォックスを入れるように言われました。おせっかい親父で、自分のことより他人のことを気にする方でした。

【Mさん】
 会長とは昨年の12月に、電車で偶然お会いしたのが最後でした。非常に残念です。
 手術して丸3年、プロヴォックス2年6カ月、皆さんのお陰でフリーハンズで話せるようになりました。まだ手で押さえる方が話しやすいのですが、訓練します。

【Uさん】
 4年2カ月です。前会長と同じ空腸ですが、何とかここまで話せるようになりました。

【Iさん】
 ほとんど話すことが出来ませんでしたが、癌研の福島先生に何回も注射をしてもらい訓練し、ここまで話せるようになりました。皆さんと同じように話せるようになりたいと思います。

【Yさん】
 土田会長の笑顔に救われてきたように気がします。

【Sさん】
 6年前下咽頭がんになり、手術後話すことが出来ませんでした。オオルリの会で土田会長にお会いして、悠声会に入会しました。

【Sさん】
 プロヴォックスを入れて2カ月。アトスの金崎さんに悠声会のことを聞き、土田会長に電話をして入会しました。会終了後の飲み会が楽しみで参加しています。

【Kさん】
 土田会長に所沢市役所に陳情に来ていただき、認可されました。感謝しております。会長は男気がある方で、食道発声からの長い付き合いでした。銀鈴会でも会合後、飲み会でした。私は今年80歳です。プロヴォックスのお陰と思っています。

【Kさん】
 4年間食道発声の訓練をしましたが、だめでした。土田会長にお会いして手術をしましたが、術後医者にすぐに名前を言えと言われ、すぐに出来て非常にうれしかったのを覚えています。

【鈴木会長】
 4月9日例会後メルパルクで「偲ぶ会」を開催しますので参加お願いします。

【Hさん】
 4年前、土田会長にお会いしました。「君はよく声が出ているね」と言われました。
海外・国内旅行、飲み会など一緒でした。これだけは言えます。決してあなたのことを忘れません!

【Kさん】
 土田会長には関西支部で初めてお会いしました。飲み会でいいから楽しく飲めと言われ、それから気にせず飲むようになりました。

【Sさん】
 会長とは癌研でお会いしました。プロヴォックスを入れてなかったので、1月に手術をしました。その後悠声会に入会しました。残念です。

【Mさん】
 5年ぶりの出席です。会長の死去を聞いて出てきました。
会社を辞め、自営でやっています。以前はフリーハンズの方は少なかったのですが、多くなりましたね。

【Mさん】
 会長のお陰でここまで来ることが出来ました。会長、副会長が役所に陳情に来ていただき、功を奏して認可されました。
 自分たち患者にとって、この悠声会は大きな役割があると思いますので、頑張ってください。又、事務所開設は非常に良かったと感じています。社会に貢献することを期待しています。

【Sさん】
 先日、会長のおにぎりを食べている姿を見て、元気な方だと思っていました。肺がんとは思っていませんでした。表に出る喜びを教えてもらいました。このような方がリーダーで、よかったと思います。土田会長、安らかにお休みください。

【鈴木会長.】
 4月の「偲ぶ会」への出席を重ねてお願いします。
 悠声会のパンフレットを新しくしました。お配りしますので、何か訂正などあればお知らせください。今年は女性会・旅行は是非開催したいと思っています。
 今、皆様から土田会長の笑顔、行動力、飲み会時の対応などをお聞きし、困ったなと思っています。土田会長と比べて劣っている点が多々あると思いますが、宜しくお願いします。

【谷地理事】
 以上で例会を終了します。お疲れさまでした。